コンサルティング部門

コンサルティング部門では、主に遊休地の有効活用を促すための営業活動全般を担当しています。
土地の有効活用と言えば、かつてはアパート建設が主流でしたが、近年では既存の投資用不動産や住宅メーカー等への建売用地提供などがメインになりつつあります。

現在は、複数の不動産を所有されているオーナー様への資産の組み換え提案や、投資用不動産オーナー様へのアプローチといった、収益物件の取引を中心とした業務に従事しています。
ここでポイントなのは、収益物件だから収支率のみを追求すれば良いという考えではお客様にご満足いただけないことです。
例えば、賃貸マンションでは、稼働率を上げることで資産価値の維持・向上に結びつきます。良質かつ収支率の高い不動産を提供することが私たちには求められています。

「日住サービスに竹口あり」
会社やお客様にとって、欠かせない存在を目指します

私が営業所長になって初めて迎えた大きな仕事で、ご年配のお客様がマンションを買い替えたいと来店された際の話です。
当時、お客様はご購入に当たり、税金面に関して不安をお持ちだったため、お客様が抱える不明点を洗い出し、ご理解いただけるまで丁寧に説明しました。最終的にこの商談は成約に至り、お客様からも「ありがとう、あなたに相談して良かった」と感謝の言葉をいただきました。

どんな部門や仕事であろうと、お客様のご理解とご満足をいただくためには、あらゆる疑問にもお答えできるよう、事前準備を怠らないことが必要不可欠です。お客様にとって最良のパートナーであれるよう、努力を続けて参ります。

9:15
出社、営業所の開店準備、メールのチェック
9:30
朝礼、全体ミーティング、個別の打ち合わせ
10:00
既存顧客のマッチング(物件が合うかどうか)、
各種資料の作成
12:00
昼休憩
13:00
アポイント先への訪問(資産組み換えなどの提案)
地図を見ながら周辺の物件調査
17:00
帰社後、夕方から来店予定のお客様への資料の準備
19:30
お客様をお見送りした後、部内ミーティング
明日の予定を確認後に帰宅

メンバーの指導も大切な仕事

様々な情報を精査し、提案書を作成します

お客様との出会いから生まれる喜びや感動を当社で是非感じてください

住まいは、私たちが暮らしていくうえで、なくてはならない存在です。
そんな生活基盤を支える住まいに携われる充実感、また、お客様に喜んでいただける住まいを提供できたときの達成感、これらは私たちの仕事だからこそ味わえる感覚であり、あなたにも是非この感動を体験してほしいと思っています。日住サービスという独立系企業としての自由かつ、歴史あるバックグラウンドのもと、あなたと一緒に働くことのできる日を楽しみにしています。