建装・リノベーション部門

建装部門では、主に当社のお客様である家主様や売買仲介成約の買主様に対し、リフォームやリノベーションの企画提案を行います。建築知識はもちろんですが、建材・設備の商品知識も含めた提案力・プレゼンテーション能力が必要な業務です。
ご自身の独自性や建築センスも必要ですが、何より大事なのはお客様のご要望を理解できる傾聴力です。

私たちの仕事は目に見えない、そして大きな商品をご購入いただくことです。お客様から安心して工事を任せていただくためには、私たちのことを信頼していただけるようお客様との意思疎通を図ることがポイントです。

契約できれば良いといった感覚で取り組むのではなく、できないことはできないとハッキリお伝えしたうえで、よりよい代替案も含めて提案するなど、お客様目線の活動こそが何よりも大切だと私たちは考えています。

お客様からの感謝の言葉が
次の仕事のモチベーションになります

居住中の住宅でリノベーション工事を行うためには、生活スペースの確保や生活リズムの維持など、そこで日々生活を送られている方への配慮が重要です。完成後、お客様からお褒めの言葉をいただいた時には、本当にこの仕事に携わることができてよかったと感じました。

今後、既存住宅の市場はますます拡大していくと思われ、「既存住宅購入+リノベーション」が主流になると考えられます。リノベーションではお客様一人ひとりに合わせ、様々なアプローチが必要です。建築に関する知識は当然として、不動産知識やトレンド、デザインセンスなども身に付け、より幅広い提案が行えるよう努力致します。

9:15
出社
9:30
朝礼、メールのチェック、営業の進捗報告など
10:00
内・外装の提携業者と電話で打ち合わせをしながら提案用資料、見積書などを作成
12:00
昼休憩
13:00
工事現場へ移動し、現場確認、営業担当との打ち合わせ、工事の申請、近隣住民の方への挨拶など
17:00
帰社後、工事の申請書や建材業者への発注書などの作成
19:45
先日引き渡しを行ったお客様へフォローの電話を入れ、状況の確認などを行った後、帰宅

様々な情報を精査し、提案書を作成します

お客様との信頼関係が何よりも大切

がむしゃらに頑張ってみれば、
案外何でも楽しくなってくるものです

就職活動では、会社説明会や企業研究を通じて様々な業界、様々な職種の情報に触れる機会があることでしょう。
その中で、もしあなたが少しでも興味のある分野を見つけたのなら、まずはその環境に飛び込んで、我を忘れるくらい夢中になってみてください。「石の上にも三年」というように、気が付いた頃にはどんな仕事もきっと楽しくなっているはずです。