「ありがとう」の言葉を

直接聞ける、

やりがいに満ちた職場です。

廣瀬 一真HIROSE Kazuma 豊中店(売買) / 2008年度入社

01入社の決め手

入社の決め手

「不動産とは?」イチから
丁寧に教えてくれる教育制度

“やりがいのある仕事がしたい”これが、不動産業界を目指したきっかけです。
大きな金額を扱いながらお客様の人生に深く関わっていける不動産売買が、とてつもなくカッコいい仕事に思えたのです。
ただ、憧れの一方で「大きな責任のある仕事を、自分がやっていけるのだろうか」という不安も大きかったですね。
そんな自分の背中を押してくれたのが、日住サービスの教育制度。インターネットで色々な不動産会社を調べるうちに、日住サービスは「不動産業界の学校」と言われるほどクオリティの高いキャリアアッププログラムや資格取得のサポート体制を整えている会社だと知りました。会社の社風も、上司や同僚に相談しやすいアットホームな雰囲気だと聞いて、「この会社なら、長く働いていけそうだ」と、入社を決意しました。

02現在の仕事内容

現在の仕事内容

信頼していただくことが第一
結果は後からついてくる!

不動産売買部門の主な仕事は、物件を買いたいお客様のご案内、売りたいお客様がお持ちの不動産査定、物件を仕入れるために仲介業者を訪ねること、銀行訪問などがあります。
契約書類の作成やインターネットに掲載中の物件情報更新といった事務作業も行います。
住宅は、人生で一番大きな買い物。なので、納得してご購入いただけるようお客様のご要望をしっかりお聞きし、最善の提案ができるように心がけています。
以前、「家を売りたい」「引っ越し先の家には、車を2台置ける平面駐車場がほしい」「子どもが転校しなくてすむよう、同じ小学校区の家がいい」という3つを兼ねた難しいご相談がありました。
他社さんに相談された際は「車は諦めましょう」「他の校区にしましょう」と妥協案が出されたそうですが、私は最後までねばり、お客様の条件を全て満たす物件を提案することができました。
「私の気持ちに寄りそってくれたのは廣瀨さんだけだった。本当にありがとう」。お客様からこう言っていただけたのは、本当に嬉しい思い出ですね。

03日住サービスのいいところ

日住サービスのいいところ

仕事とプライベートを
きっちり分けて楽しめる!

日住サービスは「面倒見がよく相談しやすい」会社です。
営業スタイルも人それぞれで、「絶対にこうしなさい」といった強制はありません。教わったことをまず試してみて、一番成果を出しやすい形にアレンジしていく自由さがあります。私は一通りやってみて「電話営業はちょっと苦手だな」と気づいてからは、メール営業に切り替えました。お客様の都合の良いタイミングでじっくり見ていただけるからです。ただし、お客様がお求めの物件情報が入った時はすぐにお電話するなど、緩急もつけています。
残業が少ないのも嬉しいポイントですね。「上司より先に帰ったら目をつけられるのでは」なんて心配はいりません。仕事に区切りがついた順に帰宅しています。

04先輩として伝えたいこと

先輩として伝えたいこと

「やってみたい」を尊重し、
向上心を評価してくれる会社

日住サービスには、手厚いキャリアアッププログラムがあり、自分のノウハウを惜しみなく伝えてくれる先輩がたくさんいます。
会社の歴史にともなう地域からの厚い信頼をジャンピングボードに、思いきり活躍してもらえる環境も整っていますよ。
バリバリ仕事をして、休日はリフレッシュに充てたい。オンとオフ、両方を楽しみたい方の応募をお待ちしています!

FAQ採用についてよくある質問